Home » 診療方針

診療方針

1.わかりやすい診療

当院では、何よりわかりやすい診療を心がけています。

高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病は、薬だけで治療できるものではありません。患者自身が病気をよく理解して、自分の生活習慣を見直していく必要があります。

そのお手伝いをするため、皆様の訴えを十分聞いて、病気の説明にも時間をかけるようにしています。
わからないことは遠慮せずにきいて下さい。
検査・治療方針についても専門家の立場から助言を行い、皆様が納得できるように決めていきます。

2.心臓病の専門的診療

私は平成13年まで、三菱京都病院心臓内科部長として、狭心症、不整脈、高血圧などの診療に携わってきました。特に狭心症に関しては、血管の狭窄部分を風船でひろげる治療を1000例以上経験し、満足できる成績をあげてきたと自負しています。

当院内で心電図、胸部レントゲンをはじめ、心臓エコー検査、エルゴメーター運動負荷心電図検査、血圧脈波検査、24時間(ホルター)心電図検査が可能で、さらに精密検査が必要な場合は三菱京都病院と提携し、心臓カテーテル検査、ラジオアイソトープを使用した検査、MRI、CTを施行しています。現在も毎週木曜日の午後は、三菱京都病院にて心臓カテーテル検査の指導をしており、当院から紹介の方の場合は、私が病院スタッフと一緒に検査にあたっています。

3.家庭のかかりつけ医

私はどんなことでも気軽に相談できる家庭のかかりつけ医になりたいと思っています。しかし、もちろん何でもわかるわけではありません。必要な場合は適切な医療機関に紹介いたします。

おもな紹介先として、三菱京都病院、京都桂病院、京都市立病院、シミズ病院、京大病院などがあり、希望があればできるだけ尊重いたします。

家庭医として、在宅医療にも積極的に対応しています。往診もしていますので、ご相談ください。